上司の「いじり」が許せない

中野 円佳【著】

時として「いじり」は「いじめ」よりも残酷なハラスメントになる。上司や同僚は言う。「愛情の裏返し」「可愛がられている」…本当にそうか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 いじりの実態 何をいじるのか(「愛あるいじり」はいじられる側にどう映っているか
  • 職場でのいじりに「私だって傷ついている」 ほか)
  • 第2章 いじりの効用 なぜいじるのか(金融や営業でいじりが多いのはなぜか
  • 新入りのための「通過儀礼」 ほか)
  • 第3章 いじりの構造 なぜ加速するのか(感染し、増幅される「いじり」
  • 「怒るのはサムイ」の刷りこみ ほか)
  • 第4章 いじりの帰結 何をもたらすのか(いじりが心身を削る
  • 最悪のケースとしての自殺・自殺未遂 ほか)
  • 第5章 いじりの対策 どうしたらいいのか(「いじり=ハラスメント」言語化の意義
  • 学校現場でのいじり対策 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 上司の「いじり」が許せない
著作者等 中野 円佳
書名ヨミ ジョウシノイジリガユルセナイ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2018.3.20
ページ数 178p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288469-3
NCID BB25758193
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想