核兵器と原発

鈴木達治郎 著

北朝鮮の「核の脅威」にどう対峙すべきか?「核の傘」は日本国民を本当に守ってくれるのか?世界の原子力産業は衰退期に入ったのに、なぜ自民党はその流れに「逆行」するのか?原子力委員会の元委員長代理がはじめて明かした、「核」の真実!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 巨大エネルギーの「光と影」-核兵器と原発の密接な関係
  • 第2章 衰退期に入った世界の原子力産業-原発の何が問題なのか(原子力発電の現状
  • 福島事故とその教訓
  • 逆行する自民党
  • 夢の原子炉「もんじゅ」の失敗
  • プルトニウムは「負債」)
  • 第3章 63年ぶりに危機的状況となった「終末時計」-「核の脅威」にどう対処すべきか(核兵器の歴史と現状
  • 新たな核の脅威
  • 核兵器廃絶に向けた潮流)
  • 第4章 「核の傘」は神話に過ぎない-「核抑止」論から脱却するには

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 核兵器と原発
著作者等 鈴木 達治郎
書名ヨミ カク ヘイキ ト ゲンパツ : ニホン ガ カカエル カク ノ ジレンマ
書名別名 日本が抱える「核」のジレンマ

Kaku heiki to genpatsu
シリーズ名 講談社現代新書 2458
出版元 講談社
刊行年月 2017.12
ページ数 214p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288458-7
NCID BB25109907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22998308
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想