森は生きている

富山和子 作 ; 大庭賢哉 絵

なぜ、自然はたいせつなのでしょう?日本人は、国土の3分の2をしめる森林のめぐみをうけてくらしてきました。紙、えんぴつ、つくえやいす。水も土も、みんな森林のおくりものです。森林のはたらきがわかると、なぜ自然がたいせつなのかも見えてきます。『川は生きている』『道は生きている』に続く、名作ノンフィクションの新装版。小学中級から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本は森の国です(木のくらし
  • 木はどのようにつかわれたでしょうか ほか)
  • 山国の人たち(森林は人間がそだてました
  • 山国の人たちは、心のやさしい人たちでした ほか)
  • 森林のはたらき(森林は風をふせいでくれました
  • 森林は雪もふせいでくれました ほか)
  • 土こそが人間を守る(もしも山に人がいなくなってしまったら
  • 土こそが人間を守る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森は生きている
著作者等 大庭 賢哉
富山 和子
書名ヨミ モリ ワ イキテ イル
シリーズ名 自然と人間 76-6
講談社青い鳥文庫 76-6
出版元 講談社
刊行年月 2012.12
版表示 新装版.
ページ数 173p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-285322-4
NCID BB11086417
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22175337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想