逆説の生き方

外山滋比古 [著]

鋭い分析にユーモアを交えながら、世の中の思い込みを喝破する外山滋比古氏による、初の幸福論。幼くして母を亡くしたこと、受験の失敗、幾度かの転職など、著者自らの"マイナス経験"の効用も明かされる。90代の今まで尊敬しつづける俳人は、やわらかい心で一面的な常識にとらわれない幸福の達人である。その心得をはじめ、心にしみる数々の実例をもとに、幸不幸の常識を180度転換させる人間心理をきわめた一冊です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 結果を見れば(前列人間と後列人間
  • 「どうせ」の短慮 ほか)
  • 2 失敗とはなにか(自信喪失
  • コンプレックス ほか)
  • 3 一人前であるということ(つつ抜け
  • ことばづかい ほか)
  • 4 ひとつの流儀(同じ釜の飯
  • 試行錯誤 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆説の生き方
著作者等 外山 滋比古
書名ヨミ ギャクセツ ノ イキカタ
書名別名 Gyakusetsu no ikikata
シリーズ名 講談社+α文庫 A163-2
出版元 講談社
刊行年月 2016.9
ページ数 213p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-281693-9
NCID BB22281414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22795266
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想