身体知 : カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる

内田樹, 三砂ちづる 述

大きな価値観の変動のなかで個人が幸せになるための条件を、気鋭の学者たちがそれぞれ一人のおとなとして、家庭人として提言。結婚や出産にも流行があり、悲しい思いやつらい経験をした前の世代へのいたわりの視線をもちつつ、日本人が培ってきた身体の知恵、日本文化のもつ他者への愛情や距離の取り方についてまとめていく。「いいから黙って」、結婚したり出産したり、家庭をもったりして見えてくる人生の味わいを若者たちに見失わせてはならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「出産」する動物としての人間(「ラマーズ法」は時代遅れ?
  • 出産で出る恋を呼ぶホルモン ほか)
  • 第2章 「カラダの知」は教えられるか(「いやな感じ」に鈍感になる身体
  • 対話できない身体-硬直してやり過ごす ほか)
  • 第3章 オニババ、負け犬、おひとりさま-歳の取り方がわからない(何で、オニババになっちゃうの?
  • 女性としての機能を使えなかったオニババ ほか)
  • 第4章 カラダを取り戻す方法(何がフェミニストたちを怒らせたのか?
  • 負け犬がオニババに…? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 身体知 : カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる
著作者等 三砂 ちづる
内田 樹
書名ヨミ シンタイチ : カラダ オ チャント ツカウ ト シアワセ ガ ヤッテクル
シリーズ名 講談社+α文庫 A125・1
出版元 講談社
刊行年月 2010.10
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-281394-5
NCID BB03708395
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21835808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想