竜が最後に帰る場所

恒川光太郎 [著]

しんと静まった真夜中を旅する怪しい集団。降りしきる雪の中、その集団に加わったぼくは、過去と現在を取り換えることになった-(「夜行の冬」)。古く湿った漁村から大都市の片隅、古代の南の島へと予想外の展開を繰り広げながら飛翔する五つの物語。日常と幻想の境界を往還し続ける鬼才による最重要短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 竜が最後に帰る場所
著作者等 恒川 光太郎
書名ヨミ リュウ ガ サイゴ ニ カエル バショ
書名別名 Ryu ga saigo ni kaeru basho
シリーズ名 講談社文庫 つ32-1
出版元 講談社
刊行年月 2013.9
ページ数 303p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277650-9
NCID BB13598588
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22300971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想