絞首刑

青木理 [著]

国家の名のもとに、命を奪う「死刑」。著者は、数々の証言から執行現場を再現しつつ、実際に起きた五つの事件を通して処刑に至る道程を検証する。なかでも、一九九四年発生の連続リンチ殺人事件で死刑判決を受けた元少年たちへの取材は精緻を極める。死刑制度の根幹に迫った、渾身のルポルタージュ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 憂鬱な儀式
  • 元少年たちの罪と罰
  • 栃木・今市四人殺傷事件
  • 愛知・半田保険金殺人事件
  • 埼玉・熊谷四人拉致殺傷事件
  • 福岡・飯塚女児殺害事件
  • エピローグ 元少年たちと私の「その後」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絞首刑
著作者等 青木 理
書名ヨミ コウシュケイ
シリーズ名 講談社文庫 あ123-1
出版元 講談社
刊行年月 2012.11
ページ数 363p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277407-9
NCID BB10916563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22172034
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想