つるつるの壺

町田康 著

妄想に近いたわごと。言葉になりかける寸前でぐずぐずになってしまう想い。ワードプロセッサーの中でのたうち回る私の思念が現実を侵食する。やめてくれないか。そういうことは。と思ったけれども、それでもほつほつ続けるうち私自身が因果そのものとなり果て…。町田節爆発、クールでキュートなエッセー。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロックの老いの坂(ロックの老いの坂
  • このようにパンクするわけは…。 ほか)
  • おめえ、生きててつらいだろ?(私がウイスキーを飲むようになった、その理由
  • 忘れ得ぬ光景 ほか)
  • 地獄の鉄板(闘う俺。怒る俺。
  • 地獄の鉄板 ほか)
  • 人間の屑と聖書(アレアレまたいくまたいく
  • 頭脳の炸裂 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 つるつるの壺
著作者等 町田 康
書名ヨミ ツルツル ノ ツボ
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.4
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 4062747502
NCID BA6693771X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20576663
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想