塗仏の宴  宴の始末

京極夏彦 著

「愉しかったでしょう。こんなに長い間、楽しませてあげたんですからねぇ」。その男はそう言った。蓮台寺温泉裸女殺害犯の嫌疑で逮捕された関口巽と、伊豆韮山の山深く分け入らんとする宗教集団。接点は果たしてあるのか?ようやく乗り出した京極堂が、怒りと哀しみをもって開示する「宴」の驚愕の真相。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 塗仏の宴
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ ヌリボトケ ノ ウタゲ
書名別名 Nuribotoke no utage
シリーズ名 講談社文庫
巻冊次 宴の始末
出版元 講談社
刊行年月 2003.10
ページ数 1070p
大きさ 15cm
ISBN 4062738597
NCID BA64070564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20490029
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想