美濃牛

殊能将之 著

病を癒す力を持つ「奇跡の泉」があるという亀恩洞は、別名を<鬼隠れの穴>といい、高賀童子という牛鬼が棲むと伝えられていた。運命の夜、その鍾乳洞前で発見された無惨な遺体は、やがて起こる惨劇の始まりに過ぎなかった。古今東西の物語の意匠と作家へのオマージュが散りばめられた、精密で豊潤な傑作推理小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 美濃牛
著作者等 殊能 将之
書名ヨミ ミノギュウ
書名別名 Minogyu
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.4
ページ数 770p
大きさ 15cm
ISBN 4062737205
NCID BA63101731
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386773
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想