高血圧はほっとくのが一番

松本光正 [著]

国民病「高血圧症」は虚構!!患者数5500万人の大ウソをあばき、正しい対策を説く!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「高血圧症」という名の詐欺商法(8年間で50も下がった基準値
  • 一生飲み続けなければならない薬 ほか)
  • 第2章 脳梗塞は医者が作っている(一番怖いのは脳梗塞
  • 降圧剤は脳梗塞の発症を倍にする ほか)
  • 第3章 血圧測定なんかいらない(血圧は個性である
  • 朝測ることに根拠はない ほか)
  • 第4章 マイナス思考は万病のもと(目新しい言葉に人は引っかかる
  • 「生活習慣病」は言葉のトリック ほか)
  • 第5章 ストレスほど怖いものはない(塩分と高血圧は関係ない
  • 減塩すると、元気がなくなる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高血圧はほっとくのが一番
著作者等 松本 光正
書名ヨミ コウケツアツ ワ ホットク ノガ イチバン
シリーズ名 講談社+α新書 651-1B
出版元 講談社
刊行年月 2014.4
ページ数 187p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-272844-7
NCID BB15583752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22394635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想