スヌーピーたちの心の相談室  3 (個性的になる法)

チャールズ M.シュルツ 著 ; 谷川俊太郎 訳 ; 岩宮恵子 解説

スヌーピーやペパーミントパティがところかまわず眠るのは?チャーリー・ブラウンがよくタメイキをつくのは?スパイクがひとりぼっちでいつづけるのは?サリーがわがままいっぱいに叫ぶのは?…それぞれ、あちこちでトラブったり、つまずいたりしながら生きている。それでもみんな、平然と自分らしくしていられるのは…!?その生き方を臨床心理士の岩宮恵子が読み解く。ちょっとしんどいときも、なんとなくブルーなときも、スヌーピーたちは毎日を新鮮なものにしてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 何かによりかかりたいとき
  • 2 誰もわかってくれないとき
  • 3 なぜかずれてしまうとき
  • 4 どこかしっくりしないとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 スヌーピーたちの心の相談室
著作者等 Schulz, Charles M.
Schulz, Charles Monroe
岩宮 恵子
谷川 俊太郎
シュルツ チャールズ・M.
書名ヨミ スヌーピータチ ノ ココロ ノ ソウダンシツ
書名別名 個性的になる法

Sunupitachi no kokoro no sodanshitsu
シリーズ名 Kodansha sophia books
巻冊次 3 (個性的になる法)
出版元 講談社
刊行年月 1998.10
ページ数 154p
大きさ 20cm
ISBN 4062690322
NCID BA38134943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99030767
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想