やがて哀しき外国語

村上春樹 著

初めてプリンストンを訪れたのは一九八四年の夏だった。F・スコット・フィッツジェラルドの母校を見ておきたかったからだが、その七年後、今度は大学に滞在することになった。二編の長編小説を書きあげることになったアメリカでの生活を、二年にわたり日本の読者に送り続けた十六通のプリンストン便り。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 梅干し弁当持ち込み禁止
  • 大学村スノビズムの興亡
  • アメリカ版・団塊の世代
  • アメリカで走ること、日本で走ること
  • スティーヴン・キングと郊外の悪夢
  • 誰がジャズを殺したか
  • バークレーからの帰り道
  • 黄金分割とトヨタ・カローラ
  • 元気な女の人たちについての考察
  • やがて哀しき外国語〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やがて哀しき外国語
著作者等 村上 春樹
書名ヨミ ヤガテ カナシキ ガイコクゴ
書名別名 Yagate kanashiki gaikokugo
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.2
ページ数 286p
大きさ 15cm
ISBN 4062634376
NCID BA35179071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97044187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想