日本史七つの謎

松本清張 他著

歴史の醍醐味は推理するたのしみ。松本清張、門脇禎二、佐原真の三氏による「大化の改新は本当にあったのか」から「高度成長はなぜ可能だったのか」まで、政治・経済・外交・文化と分野を越境して、二十一人の小説家・碩学が存分に議論をたたかわせた七編の鼎談集。日本とは何かを識るための必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大化の改新は本当にあったのか(松本清張
  • 門脇禎二
  • 佐原真)
  • 2 短詩形文学はなぜ日本文学の中心なのか(丸谷才一
  • 大岡信
  • 山崎正和)
  • 3 武家政権はなぜ天皇を立て続けたのか(永井路子
  • 今谷明
  • 五味文彦)
  • 4 織田、豊臣、徳川がなぜ天下をとれたのか(遠藤周作
  • 朝尾直弘
  • 山室恭子)
  • 5 薩長はなぜ徳川幕府を倒せたか(中村真一郎
  • 石井寛治
  • 井上勲)
  • 6 太平洋戦争はなぜ始まったか(井上ひさし
  • 森本忠夫
  • 大江志乃夫)
  • 7 高度成長はなぜ可能だったか(伊東光晴
  • 香西泰
  • 森谷正規)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本史七つの謎
著作者等 松本 清張
丸谷 才一
佐原 真
大岡 信
門脇 禎二
書名ヨミ ニホンシ ナナツ ノ ナゾ
書名別名 Nihonshi nanatsu no nazo
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1996.3
ページ数 252p
大きさ 15cm
ISBN 4062632004
NCID BA74379740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96047617
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想