八ケ岳の魔神

国枝史郎 著

秘峰八ケ嶽を舞台に、姫をめぐる兄と弟の愛の確執と惨酷な結末が、果てもなく続く一族の血塗られた歴史の発端だった。憎悪は憎悪を呼び、復讐は復讐を生む。山窩族と水狐族に分れて争う末裔たちの呪詛と怨嗟の叫びは、時空を越え、いま大江戸の夜に凄然と谺する。近代劇作の手法もとりこんだ卓抜な構想力と無類の空想力で妖美幻想の世界を拓き、国枝三大伝奇長編の一つと評される豊饒な成果。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 八ケ岳の魔神
著作者等 国枝 史郎
書名ヨミ ヤツガタケ ノ マジン
シリーズ名 大衆文学館
出版元 講談社
刊行年月 1996.4
ページ数 380p
大きさ 16cm
ISBN 406262043X
NCID BA4027650X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96062318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想