どのような教育が「よい」教育か

苫野一徳 著

「ゆとり」か「つめこみ」か「叱る」のか「ほめる」のか-教育の様々な理念の対立はなぜ起きるのか。教育問題を哲学問題として捉えなおし現代教育の行き詰まりを根本から解消する画期的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 教育をめぐる難問(教育の論じられ方
  • 教育のいま
  • 教育学の混迷)
  • 第2章 アポリアを解く(現象学の援用
  • 欲望論的アプローチとその優位)
  • 第3章 どのような教育が「よい」教育か(私たちはどのような生を欲するか
  • 「よい」社会とは
  • 「よい」教育とは)
  • 第4章 実践理論の展開序説(教育方法の根本発想
  • 「よい」教師とは
  • 「よい」教育行政とは)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 どのような教育が「よい」教育か
著作者等 苫野 一徳
書名ヨミ ドノヨウナ キョウイク ガ ヨイ キョウイク カ
書名別名 Donoyona kyoiku ga yoi kyoiku ka
シリーズ名 講談社選書メチエ 507
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258509-5
NCID BB06423391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21972652
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想