漁民の世界 : 「海洋性」で見る日本

野地恒有 著

なぜ田植えのときにイワシを食べるのか。山村でも神事の供え物には海の魚を使うのか。日本文化の基層としての海洋性。村落共同体ともノマドとも異なる漁民たちの「ゆるやかな定住」。知られざる海の生活から見えてくる「もう一つの日本」。柳田国男以来の硬直した日本観の見直しを迫る画期的論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「海洋性」を抱く「山島」
  • 第1章 海洋性とは何か
  • 第2章 地先沿岸漁村という世界
  • 第3章 海を求めた日本人
  • 第4章 地先沿岸漁村の交流のかたち
  • 第5章 出漁漁民の移住集落という世界
  • 終章 日本文化の基層としての「海洋性」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漁民の世界 : 「海洋性」で見る日本
著作者等 野地 恒有
書名ヨミ ギョミン ノ セカイ : カイヨウセイ デ ミル ニホン
シリーズ名 講談社選書メチエ 412
出版元 講談社
刊行年月 2008.5
ページ数 214p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258412-8
NCID BA85776130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21430928
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想