嗜好品の文化人類学

高田公理, 栗田靖之, CDI 編

本書は、世界の二一地域を視野に入れ、それぞれの地域に暮らす人びとが「慎みをもって慈しみながら楽しんでいる」いわば「異文化のなかの嗜好品」を取り上げ、その様相を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 嗜好品に関する文化人類学的考察
  • 第1章 嗜好品世界の普遍性と特殊性
  • 第2章 現代世界に広がった嗜好品のふるさと
  • 第3章 豊饒で華麗な嗜好品世界を持つ社会
  • 第4章 ビンロウ、カート、そしてカヴァ
  • 第5章 意外なモノが嗜好品になる社会
  • 終章 嗜好品の比較文化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 嗜好品の文化人類学
著作者等 CDI
栗田 靖之
高田 公理
書名ヨミ シコウヒン ノ ブンカ ジンルイガク
書名別名 Shikohin no bunka jinruigaku
シリーズ名 講談社選書メチエ 296
出版元 講談社
刊行年月 2004.4
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 4062582961
NCID BA66559860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20585980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想