世界システム論で読む日本

山下範久 著

世界の近代化はいかに成しとげられたのか。なぜ日本だけが、非西洋世界でいち早く近代化をとげたのか。ブローデル・ポランニーの理論を包摂し、ウォーラーステインを超えて展開する、画期的世界システム論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界システム論を超えて
  • 第2章 グローバルな「長期の一六世紀」
  • 第3章 近世帝国と日本
  • 第4章 近世帝国の解体とグローバリゼーションの歴史的起源
  • 第5章 「近代化」概念の脱構築と「日本」
  • 終章 グローバリティの変容と日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界システム論で読む日本
著作者等 山下 範久
書名ヨミ セカイ システム ロン デ ヨム ニホン
シリーズ名 講談社選書メチエ 266
出版元 講談社
刊行年月 2003.4
ページ数 260p
大きさ 19cm
ISBN 406258266X
NCID BA61705138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20394753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想