ナチズム極東戦略 : 日独防共協定を巡る諜報戦

田嶋信雄 著

1930年代、ナチス・ドイツ。党・外務省・国防軍の熾烈な権力闘争で極東外交がゆれうごく。無関心なヒトラー、「親日」リッベントロップ、「親中」国防軍、「反共」カナーリス…。混乱と無秩序のなかで、なぜ「日独防共協定」は成立したのか。大戦への発火点を、外交・諜報の両面から精緻に検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ それぞれの死
  • 第1章 ナチズムの極東政策
  • 第2章 挫折した交渉 1935年9月〜12月
  • 第3章 第2次交渉の暗闘 1936年1月〜11月
  • 第4章 反ボルシェヴィズム
  • 第5章 情報交換と破壊工作
  • エピローグ スターリン暗殺へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチズム極東戦略 : 日独防共協定を巡る諜報戦
著作者等 田嶋 信雄
書名ヨミ ナチズム キョクトウ センリャク
シリーズ名 講談社選書メチエ 96
出版元 講談社
刊行年月 1997.2
ページ数 254p
大きさ 19cm
ISBN 4062580969
NCID BN15947944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97052917
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想