チーズの科学

齋藤忠夫 著

こんなタンパク質、ほかにない!学校給食でよく食べた三角形のチーズからネズミが顔を出しそうな穴あきチーズまで、人が「チーズ」に抱くイメージは千差万別。それこそが、この変幻自在な食品の特徴である。生まれてくる子のために用意された絶妙な「乳」が、酵素や菌、そして長期間にわたる熟成によって「至高の一切れ」となるまでのドラマを追う!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 チーズと出会うために(チーズは偶然につくられた
  • 世界のチーズのプロフィール
  • チーズの選び方と楽しみ方)
  • 第2部 チーズづくりの科学(ミルク成分の科学
  • 乳酸菌と発酵の科学
  • 凝乳の科学
  • 加塩の科学)
  • 第3部 チーズの熟成の科学(チーズの味と香りの変化
  • チーズ組織と物性の変化)
  • 第4部 チーズと健康の科学(これだけわかったチーズの機能性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チーズの科学
著作者等 齋藤 忠夫
書名ヨミ チーズ ノ カガク : ミルク ノ チカラ ハッコウ ジュクセイ ノ シンピ
書名別名 ミルクの力、発酵・熟成の神秘
シリーズ名 ブルーバックス B-1993
出版元 講談社
刊行年月 2016.11
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257993-3
NCID BB22460592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22822174
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想