コーヒーの科学

旦部幸博 著

今では、我々の生活に欠かすことのできない嗜好品となったコーヒー。その独特の香味はどのように生まれるのだろうか。自家焙煎店で培われた職人の技術と知恵を科学の視点で徹底分析。味をコントロールし、自分好みのコーヒーを淹れる秘訣が見えてくる。科学論文に基づく知見を踏まえて、コーヒーのさまざまな謎に迫る!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コーヒーってなんだろう?
  • 第2章 コーヒーノキとコーヒー豆
  • 第3章 コーヒーの歴史
  • 第4章 コーヒーの「おいしさ」
  • 第5章 おいしさを生み出すコーヒーの成分
  • 第6章 焙煎の科学
  • 第7章 コーヒーの抽出
  • 第8章 コーヒーと健康

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コーヒーの科学
著作者等 旦部 幸博
書名ヨミ コーヒー ノ カガク : オイシサ ワ ドコ デ ウマレル ノカ
書名別名 「おいしさ」はどこで生まれるのか
シリーズ名 ブルーバックス B-1956
出版元 講談社
刊行年月 2016.2
ページ数 317p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257956-8
NCID BB20680678
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22709599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想