関数とはなんだろう : 三角関数から複素関数・超関数まで

山根英司 著

関数は数学のどの分野にも現れる。だから、関数を理解することは、数学そのものを理解することにつながっている。三角関数、対数関数、複素関数、汎関数、超関数etc.本書は関数のさまざまな話題について楽しく読めるように書かれた入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 三角関数がわかる
  • 第2章 指数関数がわかる
  • 第3章 対数関数がわかる
  • 第4章 複素関数がわかる
  • 第5章 汎関数がわかる
  • 第6章 超関数がわかる
  • 第7章 無限がわかる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関数とはなんだろう : 三角関数から複素関数・超関数まで
著作者等 山根 英司
書名ヨミ カンスウ トワ ナンダロウ : サンカク カンスウ カラ フクソ カンスウ チョウカンスウ マデ
書名別名 Kansu towa nandaro
シリーズ名 ブルーバックス B-1606
出版元 講談社
刊行年月 2008.7
ページ数 238p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257606-2
NCID BA86534363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21463357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想