背信の科学者たち : 論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか

ウイリアム・ブロード, ニコラス・ウェイド 著 ; 牧野賢治 訳

科学者はなぜ不正行為を繰り返すのか?誠実で「真理の探究者」と尊敬されている科学者による不正行為が後を絶たない。なぜ、彼らは自らの名誉と職を失いかねないリスクを冒してまでも不正行為に手を染めるのか?ガリレオ、ニュートンなど大科学者から詐欺師まがいの研究者まで豊富な事例を通じて、科学の本質に迫る問題作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ひび割れた理想
  • 第2章 歴史の中の虚偽
  • 第3章 立身出世主義者の出現
  • 第4章 追試の限界
  • 第5章 エリートの力
  • 第6章 自己欺瞞と盲信
  • 第7章 論理の神話
  • 第8章 師と弟子
  • 第9章 圧力による後退
  • 第10章 役に立たない客観性
  • 第11章 欺瞞と科学の構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 背信の科学者たち : 論文捏造、データ改ざんはなぜ繰り返されるのか
著作者等 Broad, William
Broad, William J
Wade, Nicholas
牧野 賢治
ウェイド ニコラス
ブロード ウイリアム
書名ヨミ ハイシン ノ カガクシャタチ : ロンブン ネツゾウ データ カイザン ワ ナゼ クリカエサレルノカ
書名別名 Betrayers of the truth. (抄訳)

Haishin no kagakushatachi
シリーズ名 ブルーバックス B-1535
出版元 講談社
刊行年月 2006.11
ページ数 358p
大きさ 18cm
ISBN 4062575353
NCID BA79278638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21149654
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想