「ブス論」で読む「源氏物語」

大塚ひかり 著

男は美女とだけ恋をするのだろうか。現実には愛されるブスだってたくさんいる。官能的な恋の絵巻『源氏物語』にも登場する絶世の美男子光源氏に愛された幸せなブスたち。美貌至上主義の平安貴族文化の中で、彼女たちが愛されたのはなぜだったんだろう?あまたある「源氏物語論」の中でも異彩を放つ、外見からの登場人物分析によって、『源氏』をよく知らない人にも読みやすい恋愛論、女性の美のあり方論にもなっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ブスは幸せになれるのか(感じのいいブス、悪いブス
  • 痩せても枯れない美人たち
  • セックスと女の身長の関係学
  • デブたちのサバイバル ほか)
  • 第2部 ブスは世につれ、世はブスにつれ(体格は身分と性格を表す
  • 気性と体格は遺伝するか
  • 現実描写の紫式部vs.美学にこだわる清少納言
  • 美人もブスも皮一枚 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ブス論」で読む「源氏物語」
著作者等 大塚 ひかり
書名ヨミ ブスロン デ ヨム ゲンジ モノガタリ
書名別名 Busuron de yomu genji monogatari
シリーズ名 源氏物語
講談社+α文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.1
ページ数 305p
大きさ 16cm
ISBN 4062564033
NCID BA58861248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20030336
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想