風の海迷宮の岸  下

小野不由美 著

とてつもない妖と対峙した泰麒は、身動もせず、その双眸を睨み続けた。長い時間が過ぎ、やがて発した言葉は「使令に下れ」。異界へ連れてこられても、転変もできず、使令も持たなかった泰麒は、このとき、まさに己れが「麒麟」であることを悟った。しかし、この方こそ私がお仕えする「ただひとり」の王と信じる驍宗を前に、泰麒には未だ、天啓はないまま。ついに、幼い神獣が王を選ぶ-。故郷を動かす決断の瞬間が来た。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の海迷宮の岸
著作者等 小野 不由美
書名ヨミ カゼ ノ ウミ メイキュウ ノ キシ
書名別名 Kaze no umi meikyu no kishi
シリーズ名 White heart
講談社X文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1993.4
ページ数 199p
大きさ 15cm
ISBN 4062551209
NCID BA62393096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93033214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想