山口組三国志 織田絆誠という男

溝口敦 著

日本最大の暴力団が、いま、最大の危機を迎えている。暴排条例による外圧、先細るシノギ、半グレら新勢力の台頭-。相剋を繰り返す闇社会の巨艦にあって、ついに新世代の改革者が立ち上がる。数々のドンの肉声をとらえ続けてきた著者、ヤクザ取材半世紀の集大成!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 任侠山口組の誕生-若きカリスマが挑む「脱反社」という最終目標
  • 第2章 織田絆誠 男の売り出し-在日三世の矜持と柳川組の血脈
  • 第3章 検証五代目山口組-バブルが腐蝕した大義
  • 第4章 検証六代目山口組-クーデターの果てに訪れた弘道会専横支配
  • 第5章 実録神戸山口組の設立-初めて明かされる六代目脱退劇の深層
  • 第6章 山口組両派の和解工作-権謀渦巻く水面下の駆け引き
  • 第7章 検証神戸山口組-懐刀の核弾頭に見限られた英雄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山口組三国志 織田絆誠という男
著作者等 溝口 敦
書名ヨミ ヤマグチグミ サンゴクシ オダ ヨシノリ ト イウ オトコ
書名別名 Yamaguchigumi sangokushi oda yoshinori to iu otoko
出版元 講談社
刊行年月 2017.11
ページ数 301p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-220775-1
全国書誌番号
22983098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想