始皇帝の永遠

小前亮 著

中国統一を成し遂げた英傑は「永遠の君臨」を望んだ-。紀元前二五九年、七つの国がひしめく中国・戦国時代。質子として趙の都・邯鄲で生まれた趙正(始皇帝)は、大商人の呂不韋に見いだされた父・子楚が秦の王となったことで運命が変わる。子楚の急死により十三歳で王に即位した趙正。呂不韋の補佐を受けながら国を治めていたが、新たな側近・李斯が唱える「天下一統」の構想に衝撃を受ける-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 始皇帝の永遠
著作者等 小前 亮
書名ヨミ シコウテイ ノ エイエン : テンカ イットウ
書名別名 天下一統
出版元 講談社
刊行年月 2016.8
ページ数 316p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-220183-4
NCID BB25144624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22772224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想