罪の声

塩田武士 著

京都でテーラーを営む曽根俊也は、ある日父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われた録音テープの音声とまったく同じものだった-。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 罪の声
著作者等 塩田 武士
書名ヨミ ツミ ノ コエ
出版元 講談社
刊行年月 2016.8
ページ数 409p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-219983-4
NCID BB21956741
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22768358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想