切り捨てSONY

清武英利 著

17年間で都合6度、目標削減数8万人。かつて「理想工場」と謳われたソニーはなぜ、終わりのない「リストラ地獄」に陥ったのか。『しんがり 山一證券 最後の12人』の著者が描く、会社人の苦しみと誇りと再生の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 凋落の予兆-2006‐2007
  • 第2章 ターニング・ポイント-1946‐2007
  • 第3章 技術者の矜持-2008‐2009
  • 第4章 リストラ志願-2012
  • 第5章 マイレージ、マイライフ-2012‐2013
  • 第6章 切り捨てSONY-2012‐2013
  • 第7章 終わらない苦しみ-1954‐2014
  • 終章 リストラでも奪えないもの-2013‐2015

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 切り捨てSONY
著作者等 清武 英利
書名ヨミ キリステ ソニー : リストラベヤ ワ ナニ オ ウバッタカ
書名別名 リストラ部屋は何を奪ったか

Kirisute soni
出版元 講談社
刊行年月 2015.4
ページ数 270p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-219459-4
NCID BB18488281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22574379
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想