虚構の法治国家

郷原信郎, 森炎 著

初めて暴かれた「法権力」中枢の不正義!元検事×元裁判官、「美濃加茂市長事件」を斬る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対談1-「巨人」=検察と「寄生虫」=裁判所の異様な関係(検察にもたれこむ裁判所
  • 「見事な有罪判決」が裁判官のプライド ほか)
  • 第2章 対談2-冤罪を再生産する法権力のメカニズム(冤罪支援運動はすべて間違いだと思っていた
  • 日本の冤罪は過失ではない ほか)
  • 第3章 対談3-相次ぐ不祥事で崩壊した「検察の正義」(特捜検事たちの犯罪
  • 捜査するために容疑を見つけ出す ほか)
  • 第4章 対談4-美濃加茂市長事件から考える裁判所と検察(市議時代の30万円の収賄事件で現職市長を逮捕
  • 同席者も一貫して「現金授受は見ていない」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 虚構の法治国家
著作者等 森 炎
郷原 信郎
書名ヨミ キョコウ ノ ホウチ コッカ
書名別名 Kyoko no hochi kokka
出版元 講談社
刊行年月 2015.1
ページ数 212p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-218987-3
NCID BB17858931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22523793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想