島はぼくらと

辻村深月 著

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。故郷を巣立つ前に知った大切なこと-すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。直木賞受賞、第一作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島はぼくらと
著作者等 辻村 深月
書名ヨミ シマ ワ ボクラ ト
書名別名 Shima wa bokura to
出版元 講談社
刊行年月 2013.6
ページ数 329p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-218365-9
NCID BB12645332
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22267792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想