村上春樹の短編を英語で読む1979~2011 : But Writing About Them In Japanese

加藤典洋 著

英訳された「短編」を徹底的に読み込むことによって、初めて見えてきた、小説家としての村上春樹の「闘い」。現代文学のトップランナーの核に迫る、決定版「村上春樹」論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 「井戸」の消滅-『ねじまき鳥クロニクル』から『1Q84』へ
  • 第1部 初期 物語と無謀な姿勢(最初の選択-「言葉」か「物語」か
  • 「無謀な姿勢」はどこから来るか-「中国行きのスロウ・ボート」
  • 観念と初心-「貧乏な叔母さんの話」
  • 「耳をすませる」こと-「ニューヨーク炭鉱の悲劇」)
  • 第2部 前期 喪失とマクシムの崩壊(卑小な「空白」-「午後の最後の芝生」
  • 強奪と交換-「パン屋再襲撃」
  • 「ないこと」があること、「ないこと」がないこと-「象の消滅」
  • マクシムの崩壊-「ファミリー・アフェア」)
  • 第3部 中期 孤立と危機(女性という表象-「レーダーホーゼン」
  • これ以上はあげられないくらいの大きな悲鳴をあげること-「眠り」
  • 村上春樹、底を打つ。-「沈黙」と「七番目の男」)
  • 第4部 後期 回復と広がり(マニフェストと小さな他者-「めくらやなぎと、眠る女」
  • わかりにくさと、戦後の思想-「かえるくん、東京を救う」
  • 自分への旅-「品川猿」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 村上春樹の短編を英語で読む1979~2011 : But Writing About Them In Japanese
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ ムラカミ ハルキ ノ タンペン オ エイゴ デ ヨム 1979 2011 : But Writing About Them In Japanese
書名別名 Haruki Murakami Short Stories 1979~2011
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 602p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-06-217030-7
NCID BB06684362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21979598
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想