思想としての音楽

片山杜秀 責任編集

[目次]

  • 巻頭対談 ポップと退屈-退行の時代の批評(菊地成孔
  • 片山杜秀)
  • The Body-プログレッシヴ・ロックをめぐる哲学的省察(ヴァレリー・アファナシェフ)
  • 反復と制御-ポピュラー音楽における"黒さ"について(大和田俊之)
  • 音楽はシステムであるMusic is system(田村和紀夫)
  • 即興音楽とは何か-インプロヴィゼーションの現在(沼田順)
  • 狂気と音楽(阪上正巳)
  • 神と音楽(稲垣良典)
  • 誌上シンポジウム 「いい音」は普遍か?-近代西洋音楽の外側から(井上貴子(インド)
  • 荻原和也(アフリカ)
  • 谷正人(イラン)
  • 野川美穂子(日本)
  • 平尾雅子(ヨーロッパ古楽)
  • 皆川厚一(インドネシア・ガムラン)
  • 片山杜秀)
  • 「東」の音と「西」の音合わせることは可能か?-西洋と日本の音楽的「習合」のための試論(カルロ・フォルリヴェジ)
  • 近現代における"かの地"の音楽-オスマン帝国、そしてトルコ共和国(斎藤完)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 思想としての音楽
著作者等 片山 杜秀
書名ヨミ シソウ ト シテノ オンガク
書名別名

Shiso to shiteno ongaku
出版元 講談社
刊行年月 2010.11
ページ数 385p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-06-216493-1
NCID BB04290898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21850927
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想