芭蕉庵桃青

中山義秀 著

食道癌の再発で孤独と不安に苛まれた著者が心の深部に安穏を求め、漂泊行脚の境涯に身をおいた芭蕉の心境をさぐる。資料、研究書、注釈書等を駆使し、自らの孤独感と風狂の詩人の苦悩とを二重写しにさせ、芭蕉の全体像に迫り不断の生命を追求した長篇小説。「今二回で終るところであるけれども、それも是非ない」(「中央公論」昭和四四・一〇)と記された遺作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉庵桃青
著作者等 中山 義秀
書名ヨミ バショウアン トウセイ
書名別名 Bashoan tosei
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.9
ページ数 458p
大きさ 16cm
ISBN 4061983075
NCID BA58682704
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20315592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想