さようなら、ギャングたち

高橋源一郎 著

詩人の「わたし」と恋人の「S・B」と猫の「ヘンリー4世」が営む超現実的な愛の生活を独創的な文体で描く。発表時、吉本隆明が「現在までのところポップ文学の最高の作品だと思う。村上春樹があり糸井重里があり、村上龍があり、それ以前には筒井康隆があり栗本薫がありというような優れた達成が無意識に踏まえられてはじめて出てきたものだ」と絶賛した高橋源一郎のデビュー作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 さようなら、ギャングたち
著作者等 高橋 源一郎
書名ヨミ サヨウナラ ギャングタチ
書名別名 Sayonara gyangutachi
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1997.4
ページ数 381p
大きさ 16cm
ISBN 4061975625
NCID BA30238887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97061532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想