源頼朝  1

吉川英治 著

「宮本武蔵」の圧倒的な好評を受けて、著者は次作の題材を吟味した。昭和15年新春より朝日新聞紙上を飾ったのが「源頼朝」である。これには"小説日本外史"の副題がついている。歴史を闊歩した代表的日本人を次々に登場させる構想で、その第一に源頼朝が選ばれた。まさに頼朝こそ源平抗争の英雄であり、700年の武家社会を築いた巨擘である。著者は武将頼朝の周辺に鋭く肉薄してゆく。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 源頼朝
著作者等 吉川 英治
書名ヨミ ミナモト ノ ヨリトモ
シリーズ名 吉川英治歴史時代文庫 41
巻冊次 1
出版元 講談社
刊行年月 1990.2
ページ数 373p
大きさ 15cm
ISBN 4061965417
NCID BA4443220X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
90022788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想