帰らざる夏

加賀乙彦 著

省治は、時代の要請や陸軍将校の従兄への憧れなどから百人に一人の難関を突破し陸軍幼年学校へ入学する。日々繰返される過酷な修練に耐え、皇国の不滅を信じ鉄壁の軍国思想を培うが、敗戦。<聖戦>を信じた心は引裂かれ玉音放送を否定、大混乱の只中で<義>に殉じ自決。戦時下の特異な青春の苦悩を鮮烈に描いた力作長篇。谷崎潤一郎賞受賞。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帰らざる夏
著作者等 加賀 乙彦
書名ヨミ カエラザル ナツ
出版元 講談社
刊行年月 1973
ページ数 483p
大きさ 20cm
ISBN 4061962353
NCID BN05011112
BN09509385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75013013
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想