晩菊・水仙・白鷺

林芙美子 著

元赤坂の芸者だった老女が、昔の男の突然の再訪に心揺れ、幻滅する心理を描く「晩菊」。女流文学者賞受賞。戦死した夫の空っぽの骨壺に、夜の女が金を入れる「骨」。荒涼とした、底冷えのするような人生の光景と哀しみ。行商の子に生まれ、時代の激動を生きた作家林芙美子が名作『浮雲』連載に至る円熟の筆致をみせた晩年期の「水仙」「松葉牡丹」「白鷺」「牛肉」等、代表作6篇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 晩菊・水仙・白鷺
著作者等 林 芙美子
書名ヨミ バンギク スイセン シラサギ
書名別名 Bangiku suisen shirasagi
シリーズ名 講談社文芸文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.8
ページ数 272p
大きさ 15cm
ISBN 4061961888
NCID BN08039457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92062973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想