中原中也全詩歌集  上

吉田熈生 編

孤独な魂の叫びを2冊の詩集に托して逝った早世の詩人。「汚れつちまつた悲しみに」、と詠った早熟老成の詩才。生涯を懸けて己れに徹し、誠実、過激に生きた詩人の刊行詩集『山羊の歌』『在りし日の歌』を全篇収録の上、短歌、俳句、新発見詩篇をも加えた未刊詩篇全270余を詩想、詩法の関連から緩やかに分類し、新たに編纂し、甦った中原中也の全体像を上下2巻に定着した決定版詩集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山羊の歌(初期詩篇
  • 少年時
  • みちこ
  • 羊の歌)
  • 未刊詩篇 1(ダダ音楽の歌詞
  • 春の日の怒
  • 恋の後悔
  • 古代土器の印象
  • 秋の日
  • 夜寒の都会
  • 砂漠の喝き
  • 幼なかりし日
  • 聖浄白眼
  • 脱毛の秋
  • 修羅街挽歌
  • 我が祈り
  • 死別の翌日)
  • 未刊詩篇 2 その他(散文詩
  • 短歌・俳句
  • 初期短歌
  • 「孟夏谿行」ほか
  • 断片 その他)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中原中也全詩歌集
著作者等 中原 中也
吉田 熈生
書名ヨミ ナカハラ チュウヤ ゼンシイカシュウ
シリーズ名 講談社文芸文庫
巻冊次
出版元 講談社
刊行年月 1991.5
ページ数 469p
大きさ 16cm
ISBN 4061961284
NCID BN06986708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039993
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想