遠い太鼓

村上春樹 著

ある朝目が覚めて、ふと耳を澄ませると、何処か遠くから太鼓の音が聞こえてきたのだ。ずっと遠くの場所から、ずっと遠くの時間から、その太鼓の音は響いてきた。-その音にさそわれて僕はギリシャ・イタリアへ長い旅に出る。1986年秋から1989年秋まで3年間をつづる新しいかたちの旅行記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ローマ
  • アテネ
  • スペッツェス島
  • ミコノス
  • シシリーからローマに
  • 春のギリシャへ
  • 1987年、夏から秋
  • ローマの冬
  • 1988年、空白の年
  • 1989年、回復の年
  • イタリアの幾つかの顔
  • オーストリア紀行
  • 最後に-旅の終わり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遠い太鼓
著作者等 村上 春樹
書名ヨミ トオイ タイコ
書名別名 Tooi taiko
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1993.4
ページ数 570p
大きさ 15cm
ISBN 4061853821
NCID BN09782522
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93046702
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想