新宿ルイード物語 : ぼくの青春と音楽

富沢一誠 著

1971年、ぼくは20歳。シャネルズの活動拠点、山下久美子の総立ち現象、200万人以上の熱気に包まれたルイード。ライブハウス15年を彩った"新宿の青春"が、いま熱くよみがえる。18歳で上京した筆者が、駅前広場や風月堂、ゴールデン街の変化と共に歩んだ青春を想い、新宿の街の音楽体験を語る<四小節>。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 友よ
  • 今日までそして明日から
  • 知りたくないの
  • 夜が明けたら
  • 夢の中へ
  • ルージュの伝言
  • ランナウェイ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新宿ルイード物語 : ぼくの青春と音楽
著作者等 富沢 一誠
書名ヨミ シンジュク ルイード モノガタリ
書名別名 Shinjuku ruido monogatari
シリーズ名 講談社文庫
出版元 講談社
刊行年月 1988.2
ページ数 197p
大きさ 15cm
ISBN 4061841599
全国書誌番号
88024987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想