陰摩羅鬼の瑕

京極夏彦 著

白樺湖畔に聳える洋館「鳥の城」は、主の五度目の婚礼を控えていた。過去の花嫁は何者かの手によって悉く初夜に命を奪われているという。花嫁を守るように依頼された探偵・榎木津礼二郎は、小説家・関口巽と館を訪れる。ただ困惑する小説家をよそに、館の住人達の前で探偵は叫んだ。-おお、そこに人殺しがいる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陰摩羅鬼の瑕
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ オンモラキ ノ キズ
書名別名 Onmoraki no kizu
シリーズ名 講談社ノベルス
出版元 講談社
刊行年月 2003.8
ページ数 749p
大きさ 18cm
ISBN 4061822934
NCID BA63311858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20442829
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想