塗仏の宴  宴の支度

京極夏彦 著

昭和二十八年春。小説家、関口巽の許に奇怪な取材依頼が齎された。伊豆山中の集落が住人ごとに忽然と消え失せたのだからという。調査に赴いた関口に郷土史家を名乗る和装の男が嘯く。-「世の中には不思議でないものなどないのです」。男が現出させたこの世ならざる怪異。関口は異空間へと誘われるのか?六つの妖怪の物語で、「宴」の「支度」は整い、その結末は「始末」にて明らかとなる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 塗仏の宴
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ ヌリボトケ ノ ウタゲ
書名別名 Nuribotoke no utage
シリーズ名 講談社ノベルス
巻冊次 宴の支度
出版元 講談社
刊行年月 1998.3
ページ数 613p
大きさ 18cm
ISBN 4061820028
NCID BA35283710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
98068831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想