絡新婦の理

京極夏彦 著

「私の情夫だから」、これは男にとって女に言われる最上の言葉だが、大概の男は、一生に一度もこの台詞を聞くことは無い。何故なら、この台詞を吐き出す女こそ、性悪な女だからだ。そして性悪女の美しさを、大概の人は知らない。彼女達が、どれほど恠しい女なのか。この作品は、それを教えてくれる。-『絡新婦の理』には、主題はあるがメロディーはない。登場人物は、全てパートであり、それらが実に巧みにアンサンブルしている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絡新婦の理
著作者等 京極 夏彦
書名ヨミ ジョロウグモ ノ コトワリ
書名別名 Jorogumo no kotowari
シリーズ名 講談社ノベルス
出版元 講談社
刊行年月 1996.11
ページ数 829p
大きさ 18cm
ISBN 4061819321
NCID BN15452158
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
97017486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想