森のバロック

中沢新一 著

生物学・民俗学から神話・宗教学に精通、あらゆる不思議に挑んだ南方熊楠。那智の森の中に、粘菌の生態の奥に、直観された「流れるもの」とは何か。自然や人間精神の研究の末織り上げられた南方マンダラの可能性とは?後継者のいない南方熊楠の思想、「旧石器的」な思考の中に、著者は未来の怪物的な子供を見出す。対称性理論への出発点となった記念碑的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市民としての南方熊楠
  • 第2章 南方マンダラの来歴
  • 第3章 燕石の神話論理
  • 第4章 南方民俗学入門
  • 第5章 粘菌とオートポイエーシス
  • 第6章 森のバロック
  • 第7章 今日の南方マンダラ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 森のバロック
著作者等 中沢 新一
書名ヨミ モリ ノ バロック
書名別名 Mori no barokku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.11
ページ数 419p
大きさ 15cm
ISBN 4061597914
NCID BA79101617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21144599
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想