民藝とは何か

柳宗悦 著

「民藝」とは、民衆が日常に使う工藝品である。民家、民具、民画を総称して「民藝」と呼ぶ。「民藝品たること」と「美しく作りたること」には、固い結縁があり、質素こそが慕わしい徳である。このように清貧の美を説いた筆者の理念とは?昭和の初頭に創始され、現在にまで受けつがれる「民藝運動」の精髄を知るための格好の入門書。大文字版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民藝とは何か(なぜ民藝に心を惹かれているか
  • 民藝から何を私が学び得たか)
  • 美の国と民藝
  • 日本民藝館について
  • 民藝の性質
  • 挿絵小註
  • Nature of Folk‐crafts(英文)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民藝とは何か
著作者等 柳 宗悦
書名ヨミ ミンゲイ トワ ナニカ
書名別名 Mingei towa nanika
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2006.9
ページ数 192p
大きさ 15cm
ISBN 4061597795
NCID BA78214469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21105786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想