言霊と他界

川村湊 著

本書は、言霊と他界に関わるさまざまな思惟や観念の分析を通じ、近世から現代にかけての日本人の隠された精神史を探った論考である。分析の対象となる人物は、真淵、宣長、秋成、篤胤から、露伴、八雲、透谷、鏡花、さらには柳田、折口、南方等と多彩で、その考察も変化に富む。言霊と他界を同時に視界に捉え、両者に架橋を試みようとする意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 よし刈るあし
  • 2章 篤胤の柱
  • 3章 「かくり世」と「かくれ里」
  • 4章 御杖のともし火
  • 5章 鳥の言葉
  • 6章 八雲の耳
  • 7章 蓬莱と心宮
  • 8章 明治の神仙世界
  • 9章 山のユートピア
  • 10章 王仁の暗号
  • 11章 象徴の森
  • 12章 歌の死滅
  • 13章 霊魂の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言霊と他界
著作者等 川村 湊
書名ヨミ コトダマ ト タカイ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.12
ページ数 351p
大きさ 15cm
ISBN 406159575X
NCID BA60065391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20362055
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想