信長と天皇 : 中世的権威に挑む覇王

今谷明 著

将軍義昭の追放、一向一揆の鎮圧、そして割拠する戦国大名にも彼に伍する者はすでにいない。中世的権威を否定することで統一事業を推し進め、いまや天下を手中にせんとする覇王の前に立ちはだかった最大の障壁は正親町天皇だった-。天下人・信長は天皇を超えようとしたのか?信長の政治構想を追究し、天皇制存続の謎と天皇の権威の実体に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 上洛志向
  • 第1章 入京直後の公武関係
  • 第2章 勅命講和
  • 第3章 天皇の平和
  • 第4章 神格化の挫折
  • 終章 本能寺の変なかりせば

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長と天皇 : 中世的権威に挑む覇王
著作者等 今谷 明
書名ヨミ ノブナガ ト テンノウ : チュウセイテキ ケンイ ニ イドム ハオウ
書名別名 Nobunaga to tenno
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2002.9
ページ数 220p
大きさ 15cm
ISBN 406159561X
NCID BA58592474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20313267
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想