明治日本見聞録

エセル・ハワード [著] ; 島津久大 訳

ドイツのカイザーの王子たちを教育した英国婦人E・ハワードは、明治三十四年日本に招かれ、元薩摩藩主島津家の五人の子息の教育を託された。本書は、その興趣溢れる養育体験記であり、激動する明治のすがたを伝える回想記でもある。また、当時の上流社会の家庭の様子と日本の風俗や日本人の気質が愛情こめてほのぼのと語られる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本に来て
  • 公爵と四人の弟たち
  • 顧問と使用人たち
  • 通訳、食事、買い物など
  • 子供たちとの生活
  • 学習院
  • 道路と交通
  • お茶と雛祭り
  • 関西旅行
  • 日光、箱根、鵜飼い見物
  • 日本の家屋
  • 日本のキリスト教
  • 日本人と刀
  • 日露戦争
  • 戦勝祝賀会と暴動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治日本見聞録
著作者等 Howard, Ethel
島津 久大
ハワード エセル
書名ヨミ メイジ ニホン ケンブンロク : エイコク カテイ キョウシ フジン ノ カイソウ
書名別名 Japanese memories

英国家庭教師婦人の回想
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1999.2
ページ数 301p
大きさ 15cm
ISBN 4061593641
NCID BA39972037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
99059188
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想